ウェルちょ公式オンラインショップ

いつもの買い物がウェルネス貯金に[公式オンラインショップ]

注目ワード

#送料無料

#インスタ紹介

#クルエルティフリー

#巣ごもり消費

#エクオール

#自宅体操

#強いからだ

・・・もっと見る

注目ワード

#送料無料

#インスタ紹介

#クルエルティフリー

#巣ごもり消費

#エクオール

・・・もっとみる

  1. 物忘れがひどい40代、真剣に対策するなら今のうち!
BLOG

物忘れがひどい40代、真剣に対策するなら今のうち!

2021.09.30 Lifestyle

物忘れがひどい40代、真剣に対策するなら今のうち!


40代になって物忘れがひどいと感じたり、新しいことを覚えられなくなって来たら、男女共に更年期障害の可能性があります。更年期障害は女性特有の話しではないことや、それ以外にも物忘れを起こす要因が40代には有ることを、しっかり理解して対策をしましょう。


物忘れがひどい、40代の男性には理由があります


40代になると徐々に物忘れが起きて来ることがありますが、歳のせいにするのは早計です。物忘れがひどくなる理由は様々ですが、その中の1つが更年期障害です。更年期障害は女性特有の病気と思いがちですが、40代の男性にも起こります。

女性の場合は女性ホルモンのエストロゲンの減少、男性の場合は男性ホルモンのテストステロンが減少することによって発症します。いずれの場合も性ホルモンの減少により色々な症状が出ます。
更年期障害で物忘れが起きますが、その発症の仕組みは男女で異なります。女性ホルモンのエストロゲンは神経伝達物質を増やす働きがありますが、それが減少することで神経伝達物質が不足して、海馬の働きが低下して物忘れが起きやすくなります。また、エストロゲンの減少は自律神経のバランスを乱すため、その結果不眠、睡眠不足となり、物忘れなど脳に悪影響を与えます。

一方、男性ホルモンのテストステロンには「筋肉や骨を強くする」「性機能を正常に保つ」と同時に「認知機能を高める」働きがあります。そのため、テストステロンが減少すると、一般に性欲が減退する、物事に積極的になれない、集中できないなどと共に、記憶力の低下や物忘れが起きやすくなります。更年期障害の発症時期ですが、女性ホルモンは閉経前から減少するため、40代半ば以降は多くの女性に物忘れのリスクがあると言えます。一方、男性ホルモンの減少は個人差が大きく、40代で起きる人もいれば60代以降になる人もいます。また、男性ホルモンの減少には、過労やストレスが大きな原因となります。

ところで、更年期障害ではなくてもストレス自体が物忘れの原因になることがあります。ストレスを受けると自律神経系の反応として、交感神経の働きが活発化します。活発化した交感神経が副腎髄質に作用して、アドレナリンの分泌を促し、更に交感神経を優位にします。心身が活動的になった状態で仕事に励んで良い結果を出す人もいますが、人によっては自律神経失調症になることもあります。

自律神経失調症は自律神経のバランスが崩れてしまうことで、様々な不快な症状が起きる状態です。不眠や不安、肩こりや腰痛などとともに、物忘れも代表的な症状です。ストレスを受けると、抗ストレスホルモンと呼ばれるコルチゾールの分泌が活発になります。コルチゾールが脳に与える悪影響として、脳の「海馬」の萎縮や神経新生の抑制があります。このため、記憶力が低下して物忘れが増えたり、うつ病を発症する恐れがあります。


若年性認知症

更年期障害やストレス以外で物忘れが増える理由に、若年性認知症があります。若年性認知症とは65歳未満で発症する認知症の総称です。患者数は全国で4万人弱と少ないものの、平均発症年齢は51.3歳なので、40代でも発症の可能性は十分あります。脳梗塞や脳出血などによる「脳血管性認知症」の患者が一番多く約40%、その次が「アルツハイマー病」で25%となっています。なお、40代の患者数は全国で約3,300人と推計されます。

若年性認知症には、発症してからの進行スピードが速いと言う特徴があります。40代で発症すると、月単位で症状悪化が進む場合もあります。そのため、早期発見、早期治療がとても重要です。40代は働き盛りであり、一家の大黒柱としても大切な役割を担っています。少しでも異変に気付いたら、早めに専門外来を受診しましょう。

脳の老化防止には脳活が効果を発揮します


認知症になってしまうと完治することは無く、症状の進行を遅らせることしかできません。そうならないためには、脳を活性化して認知症を予防することをおすすめします。脳を活性化する方法は幾つかあります。先ずは食生活と運動、そして睡眠によって活性化しましょう。どれも比較的簡単にできることが多いので、思い立ったら直ぐに始めてみましょう。

①食事で活性化
脳を活性化するには、脳にエネルギーや刺激を与えて、若々しさを保つことが大切です。そのためには、先ずよく噛んで食べましょう。よく噛むことは、脳に良い刺激を与えるだけでなく血糖値の上昇を抑えます。血糖値が高いと認知機能が低下することが分かっています。従って、糖質が多い食事は避けるようにしましょう。
大量のエネルギーを消費する脳には、規則正しい食事が重要です。食事を1日3食規則正しく摂ることによって、脳に必要なエネルギーをしっかり供給することが、脳の活動を活発にします。特に朝食を疎かにせず、栄養素をバランスよく摂ることが理想的です。忙しい朝には、手軽に食べられる栄養調整食品でも大丈夫です。

②適切な強度の運動で活性化
体重の2~2.5%しかない脳ですが、全身で消費される酸素の約20%を消費しています。脳の活動にはとても多くのエネルギーが必要だからです。定期的に適切な強度の運動をすることで血流が改善して、脳に必要な酸素や栄養がしっかり届けられるようになります。脳が活性化することで、認知機能が保たれます。
適切な強度の運動とは、少しきついかなと思える強度の有酸素運動のことです。手軽な早歩きで大丈夫なので、1日合計30分を目標に実行しましょう。また、男性ホルモンの分泌を促すには筋肉トレーニングが効果があります。早歩きをしたりスクワットなどで、筋肉が多い下半身を鍛えるようにしましょう。

③良質な睡眠でメンテナンス
睡眠時間中に、脳や内臓、自律神経系、ホルモン系、免疫系など、その日に生じた体内のあらゆる不具合をリセットし、翌日の活動に備えてコンディションを整えています。睡眠時間を使って、脳は活動中に学習した記憶を整理し、必要な情報を定着・強化します。
睡眠不足の場合、ちゃんとメンテナンスができず、翌日の認知能力が低下します。
また、睡眠には、脳が活動した時に生まれる老廃物「アミロイドβ」を、排出する能力を高める働きがあります。アミロイドβの蓄積が、認知症の代名詞であるアルツハイマー病発症の引き金と考えられています。良質な睡眠が認知症の予防につながります。

物忘れ防止に効く食品もおすすめです!


物忘れを防止するには、栄養素をバランスよく摂ることが一番です。また、記憶力や集中力を高めるために有効な食品もあります。代表的な食品を紹介しますので、積極的に食べるようにしてください。

①青魚
青魚に多く含まれているDHAは、脳神経細胞を活性化させたり修復したりして、記憶力や学習能力を向上させます。身体に良いとされるオメガ3脂肪酸の中で脳に直接作用するのはDHAだけです。イワシ、サバ、アジ、サンマ、カツオ、ブリ、マグロなどの青魚を食べましょう。
注意点としては、DHAは水に溶けやすく熱に弱いため、焼魚や煮魚では摂取できません。缶詰なら手軽で効率良くDHAを摂ることできるのでおすすめです。

②大豆・卵
大豆や卵黄に含まれているレシチンは、細胞膜の主成分でもあり、脳神経や神経組織を作る成分です。レシチンが減少すると記憶力の低下や認知症の発生リスクが増えると言われています。また、レシチンは脳の代謝機能の低下を防いで認知機能を維持してくれます。認知症予防のために、豆腐や納豆そして卵を食べるようにしましょう。

③緑黄色野菜
緑黄色野菜に含まれるビタミンCやビタミンEには、脳の働きに良いとされる強い抗酸化作用があります。また、ビタミンBの一種である葉酸には、アルツハイマー病の危険因子のホモシステインを抑える働きがあると言われています。緑黄色野菜は、ほうれん草、ブロッコリー、にんじん、かぼちゃ、小松菜、パプリカ、パセリなどになります。
また、簡単に必要な栄養成分を補うサプリメントなども市販されています。必要に応じて利用しても構いません。大事なことは、1日3食バランスの良い食事を摂ること、よく噛んで食べることです。

▼記憶力と注意力維持を維持したい中高年の方に▼


記憶力と注意力の維持に!】ソイプラス(SOY+PLUS)

軽度の認知症なら早めに治療しましょう


色々試してみたが、やっぱり物忘れがひどい、改善されないと気になる場合には、専門の医療機関を受診しましょう。認知症の予備軍とも言われるMCI(軽度認知障害)の可能性もあります。MCIは認知症ではありませんが、放置したままだと、年平均10%の割合で認知症に移行してしまうと言われています。
更年期障害の相談なら、女性の場合は婦人科を受診します。男性の場合は主に泌尿器科が担当しますが、更年期障害に詳しい医療機関はあまり多くありません。
直接医療機関に問い合わせるか、「日本メンズヘルス医学会」のホームページから「メンズヘルス外来一覧」や「テストステロン治療認定医」を検索するとよいでしょう。

MCIかもと思うなら、「物忘れ外来」「認知症外来」「メモリークリニック」を受診します。近くの病院を調べるなら、「日本認知症学会」や「日本老年精神医学会」のホームページから、全国の専門医と病院が都道県別で検索できます。MCIは早く治療を行えば、認知症を予防できる可能性があります。早めの受診を心がけましょう。

▼ただの野菜ジュースじゃない、DHA配合の健康飲料▼

【DHAを野菜飲料でおいしく】ベジブレンド

 

まとめ

40代の物忘れは放置してはいけません。今、適切な対応をすることで認知症になる危険性を予防できるのですから。
40代は人生で大事な年齢であり、仕事も家庭も充実する時期です。多忙を理由に放置せず、物忘れを改善する対策をとりましょう。

▼認知機能の低下をチェック!▼

【認知機能の低下を定期的にチェック】脳活性度定期検査(脳検)

 

BACK NUMBER