ウェルちょ公式オンラインショップ

SALE

脳活性度定期検査(脳検)

¥+税

¥+税 ¥+税 % OFF

1
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
1
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

商品が追加されました。

エール

こんな想いでエールを贈ります

脳機能を定期的にチェックしておきましょう!

獲得エール

500エール

商品紹介

・そもそも認知症とは
厚生労働省の発表(2014年)では、認知症患者数は約460万人、認知症の前段階とされる軽度認知障害の有病患者数は、推定400万人ともいわれています。これは65歳以上の4人に1人が認知症または軽度認知障害ということになります。2020年には認知症患者は600万人に、2025年には700万人にもなると言われています。日々ある「言葉や単語が出てこない」「何をしようとしていたか思い出せない」といった状態は、単なる脳の老化です。
認知症になってしまうと「食事をしたことを覚えていない」「今いる場所がわからない」というような、認識する力、記憶や判断する力に障害が出てきます。
認知症は一度なってしまったら、根治しない病気です。今だ有効な治療法も見つかっていません。脳が健全なうちからの対策が極めて重要です。

・脳ドックを受けているからといって安心してはいけないのが認知症
例えば、脳ドックなどに自分で出かけ検査を受けていても認知症の兆候が発見されるということはありません。
認知症の兆候と言われる脳の委縮が、脳ドック(脳MRI)で見つかった頃には、もう自分の足で歩いて病院に行けなくなっているほど認知症が進行しています。
「私は脳MRIを受けているから、認知症は大丈夫」ということはないのです。
そんな間に、認知機能(脳の働き)の低下が進み、認知症になってしまった人も少なくありません。

認知機能は年々下がっていくものですが、急に下がったら注意が必要です。認知症の兆候かもしれません。脳検は、認知機能の低下を定期的にチェックすることで、その対策に活かせる検査です。
※本検査は標本データと比較することにより、認知機能の現状と推移を把握するものであり、認知症や軽度認知障害を医学的に診断するものではありません。また、それらの発症を防止するための訓練ツールでもありません。
※決済から180日間何回でも受検可能

配送について
  • 送料はかかりません。
    決済完了後の通知メールにて、検査用のID/PASSをお送りします。

RECENTLY CHECKED

チェックした商品